「みじめさ」と「おちごとの時間」はなし

   今日は休みだ。今朝、僕の奥さんと一緒に作っている(自分が「やっている」と言って許されるのは3%くらい)借りた家庭菜園の収穫・手入れをしてきた。朝起きたままの格好で外へ出ていったから、iPhoneはおろか、腕時計さえもつけずに出かけていった。畑で採れたインゲンは時期が過ぎてちょっとカタそうだったが、これを味噌汁に入れたらどんなに美味しいだろう、と思いながら作業をしていた。時間が過ぎていったような気がするものの、時計がないんだから時間が分からない。作業した時間に関わらず、作業が終わりさえすればあとは自由な時間だ、とストンと思える感じがなんだか新鮮に思えた(もちろん、帰宅後はインゲンとキャベツの入った味噌汁を作って、味わい、楽しみ、二度寝をした)。

 

  「与えられた作業が終わりさえすれば、あとは自由な余暇の時間だ」という状況は「作業を早く終わらせること」のインセンティブになる。そしてそれは、今巷で取り上げられる「生産性の向上」につながる(「生産性」を主張する某著名ブロガーも「生産性を上げたければ、投入する時間を減らせ」と言っている)。その生産性が非常に高い人たちを僕たちはみんな知っている。「宿題は(テキトーにやって、)早く終わらせる」小学生たちである。そんなモデルが身近にあったにも関わらず、「与えられた作業が終わりさえすれば、あとは自由な時間だ」などと思うことができない。

 

   前述の小学生とオトナの決定的違いは「自由時間にやりたいことが、ない」という大問題だ。気がつけば、内発的動機に基づいて「やりたい」などと思えることなんて全くない。いや厳密には「やりたいこと」は本当は考える間もなく既にやっていることの中にあるのに、「飯のタネになるか?」というおフダが貼らさっていて、そのおフダが唱える疑問に「イエェェェェス!」と大きな声で返事ができなければ、それはすなわち「なんか、ちがうこと」としてゴミ箱にポイされちゃう。そうすると大抵、飯のタネになるかどうかなんて確信できないから、何も残らない。「自由な時間ができたところで、やりたいことはない」「やりたいことがない自分は、みじめである」「それならば、お仕事を、せめて、『しているフリ』だけでもしよう」「そうすれば、みじめな自分を見ずに済むから」「(苦役としての)仕事をしていない、と思われちゃいけないから、ポーズだけでもしていなさい」。

 

   気がついた頃から、少なくとも受験勉強を頑張っていた時期から「スキマ時間」とか言って、寸暇を惜しんで勉強することが良しとされてきたし、それを良しとする価値観を自分の中に内包させていった。幸か不幸か、別にお勉強が不得意でもなかったから、別に苦でもなかった。

 

   ちなみに僕も3年前に「しばしお暇」をいただいいていた。その間僕は文字通りなかなか暇だったし、退屈でもあった。その退屈の中にあっても、「まずは自分を責めないように」ということをずっと考えていた。そんなことを考えていたという時点で、実際には自分を責めるような気持ちがどこかであった、ということだ。「乃木坂46」のバラエティ番組と『スターフォックス64』の実況を日がな一日横になりながら見て過ごした時間は、なんとも言えない感覚をもたらした。実際、なかなかみじめだった。別に誰かに必要とされるわけでもなければ、彼女(今では奥さんである!糟糠の妻)に極端な節約生活を強いてしまった。その他諸々のみじめさとずっと対峙してきた時間だった(僕はみじめさを完クリした、などと主張するのではない。対峙したことが一つの経験として残っただけで、今後もみじめさが顔を出す場面はいくらでもある)。

 

  みじめさは味わいたくない。わかる。だがもっと強く思うのは、そのよるべなさからくるみじめさから目を背ける先が、なんとなく「お仕事」に向かうと、「暇つぶしの仕事」をするようになり、結果「仕事のための仕事」が増え、労働時間はいつまでも長引き(酷ければ「働いていた方が気が楽」ということになる)、帰ってもすることがなく、たとえ経済力に余裕があっても生活そのものに余裕がなくなる。まるで薬の中毒者のように「仕事っぽいこと」を求め、「何かやった気」になって帰ってくる。そのスパイラルだ。

 

   まずは、そのみじめさをとくと味わわなければならない。そうでなければ、仕事はいつまでたっても終わらない。というより、“自らの意思”で「終わらせるわけにはいかない状況」に拘泥しなくてはいけなくなる。

 

   

 

   

ドラマ『カルテット』「唐揚げレモン論争」にみる 「ハピネス」と「フェアネス」のはなし

f:id:ryoggu:20190717133357j:image

この図をご覧いただきたい。

さっぱり、なんのことか分からないだろう。笑

続いて、こちらのリンクに飛んで

http://motcho2.hateblo.jp/entry/quartet-1

ドラマ『カルテット』の第1話のワンシーンを

文字で追っていただきたい。

******************

カルテットの4人が食卓につき、揚げたての唐揚げを食べるシーン。

松田龍平が演じる別府司と満島ひかりの演じる世吹すずめが

「レモンかけますか」と皆に確認することなく、レモンを全体にかける。

それに高橋一生演じる家森諭高が異を唱える。

レモンをかけた2人は

「次からは気をつけますから、レモンぐらいで(怒らないで)」と家森をなだめる。

そこに松たか子演じる巻真紀が

「レモンぐらいで、ってことはないでしょう」と2人を止める。

「なぜ、レモンかけますか、の一言がなかったんでしょう?」

そこに重ねて家森が

「レモンかけるかどうか聞くときには、2つの流派があって」と話し始める。

 

家:レモンするかどうか聞くっていう文化にはさ、

す:文化…

家:二つの流派があって、

別:…流派。

家:わかりますよね?

巻:わかります。

家:きみたちレモンかけるとき、聞くとしてなんて聞く?

別:…「レモンかけますか?」

家:「あ、はい」

家:…………こうなるでしょ。

家:「レモンかけますか?」「あ、はい」

家:かけるの当たり前みたいな空気生まれて、全然大丈夫じゃないのに

「あ、大丈夫す」ってなるでしょ? これ脅迫ですよ? こっち防戦一方です

別:…どう言えばいいんですか

巻:…レモン、ありますね。

家:…レモン、ありますよ。

家:こう言うの。

 

「めんどくセー」と思っただろう。

 

もう一度この図をご覧いただきたい。

 

「ことばは他者とのインターフェイス接触面)に過ぎない」

「発せられたことばがあったとしても、

その裏にはたくさんの考えや気持ちがゴチャ混ぜになっていて

そのことばはそのうちの一部分しか言い表すことができない」

というのが僕の持論だ。

 

f:id:ryoggu:20190717133357j:image

「レモンかけますか?」の問いに対して「あ、はい」と答えたとき、

レモンをかけるかどうか尋ねた目の前の相手と

自分の心とのインターフェースはあくまで「あ、はい」という言葉である。

その時「あ、はい」は自分の気持ちを全て表していない、どころか、

ほとんど表現することができない。

 

「あ、はい」という言葉の裏には、パッと拾っただけでも

 

●「かけた方が美味しい」と思う人がいること

●レモンかけたらカリカリ度が減るよな…

●唐揚げは洗えない➡︎不可逆

●レモンがダメってわけじゃない

●角を立てたくない➡︎学級会のトラウマ

●あたたかいうちに食べたい

 

という思いや考えが潜んでいる。

その総合が「あ、はい」という言葉になってポロっと出てきてしまった。

結果、レモンがかけられていく様子を目の前で眺めながら、

自分が望んだサクサクカリカリの唐揚げとサヨナラする絶望に打ちひしがれる

ということが起こる。

 

***************************

 

「言葉に出した」という事実による【公平性】を追求する【フェアネス志向】

を足場にしたならば、たしかに家森は「あ、はい」と言ったのだから、

文句は言うな、というのがただしい

(【フェアネス】が「強者の論理」になってしまっていることを

わかっているからこそ、自分の思いたちがちっぽけに感じられて

「あ、はい」と言ってしまったのだろう)。

 

「言葉だけからでは見出せない考えや思いが存在する可能性がある」と

想定して、それを尊重し(言葉の土俵にはのぼらないが)【その場の幸福度】を

最大限に高めることを、言語外コミュニケーションからも追求する【ハピネス志向】

を足場にしたならば、

 

言葉にならない部分の相手の考えは自分が想像するほかないが、

せめて「レモン、ありますね」と言葉を“置いておく”ことがただしい。

 

**************************

 

【ハピネス志向】で物事を考えたとき、

「言われてもいないことを、先回りして」

「悲劇を、未然に防ぐ」というのだから、

往々にしてサービス精神過剰になる。

 

僕はどちらかというと「フェアネス」を求めるために

言葉を貯めてきたような節がある。

 

ただ、

 

「それでも追求したい幸福(たとえ、余計なお世話であっても

他者の満足する姿を見たい)がある」

 

という姿勢として、【ハピネス志向】タイプがたしかに存在することを、

このシーンから改めて考えさせられたように思う。
そして、【ハピネス】モードはたしかに自分にも訪れる。

 

問題は時間的・金銭的・精神的リソースが限られているなかで、

効果的な【ハピネス志向】の取り出し方を、

自分の過ごす環境を【今】から【未来】にわたり俯瞰して

あらかじめ想定される追求すべき他のハピネスとの比較の中で

優先順位をつけ、考えていかねばならないことだ。

それは、情緒で働く(状態の)人の生きがいにつながっている大問題だからだ。

役割の再構築 にまつわるはなし「十分に役割を果たした」

誰かを支援することの最終目的が「自立」であり、

そのプロセスで「徐々に手を離すこと」があるならば、

「今までやってきたことでも、もうやらない」ということが

そこには確かに含まれる。

 

一人でも、十分できるようになったことの存在を認め、

自分と相手の関係および、在り方を都度、

できるようになったことが増えたからこそ、

再構築する必要に何度も迫られる。

 

「前はやったのに、今はやらない」ということに

一貫性の欠如を見て後ろめたさを感じることがあっても、

最終目的が「誰かの自立のための支援」であるならば、

そのプロセスで自分と相手との関係を再構築することは

「自立」という目的に対する姿勢の一貫性には反しない。

 

そう言った意味で「十分に役割を果たした」

という言葉はとても良い言葉だと思っている。

これまでやってきたことに対して、

たしかにリスペクトを示しながら、

「もう、これ以上はいいよ」という

ノーセンキューを示すことができる言葉だからだ。

 

「たしかに、その時は必要だった」

「その時のニーズを埋めてくれたことには感謝している」

「だけれども、これ以上は不要である」

「あとは、自分でやってみる」

「だから、あなたは他の役割や場所を見つけて欲しい」

「僕は、あなたの力を使わずに、やってみようと思う」

あいだの仕事

「間(あいだ)の仕事」というコンセプトが浮かんだ。

 

誰がやってもいいし、この人じゃなきゃいけない、

ということはないけれども、

「いま、ここにおいて、いついつまでに」

その場をしのぐように、

「最高の」ではなくその場における「最善の」

クオリティでの仕事のことだ。

 

それ自体で身を立て、社会的に評価されなくとも、

それらの種類をたくさん持っておくこともまた、

たたかう術になりうるのではないか。

 

「おしごと」というのはもはや、

そのひとの全てを満たしてあげられるほど、

尊いものではなくなっているのではないだろうか。

もしも誕生日に「課金」をねだられたら という仮定のはなし

「同じ6,000円分のプレゼントを誕生日にねだられたとして、

それがオンラインゲームの課金だったら許せるか?」

という何気ない妻の質問に対して、

 

僕の時代感覚がアップデートされていないためか、

それともそうしたお金の使い方について、

深く考えたことがなかったからか、その場では

 

「いや、それはちょっと」

という返事をするにとどまった。

 

同じ「ゲーム」というくくりであっても、

「ゲームソフト」ならたぶんOKな気もする。

それじゃあ、「同じタイトルのゲームソフト」であれば、

「ダウンロード版」はOKか?と聞かれると、ちょっと顔が曇る。

しかし今はそのはっきりとした理由が思い浮かばない。

(ちなみに僕は、過去に「ライト勢」ながらスマホゲームもしていたし、

家に帰れば子供のようにテレビゲームで遊んでいる)

 

「『モノ』として実態がない」というくくりであれば、

6,000円の日帰り温泉旅行もたしかに「コト」があって「モノ」ない。

それなのに「ダウンロード版」に対してためらうのはなぜか?

「課金にはキリがない」と言うけれども、食欲にも終わりがない。

6,000円のディナーは良くて、課金はだめなのはどうして?

 

それに対して「だめな理由」を明確に示すことができない。

それと同時に、明確な「だめな理由」がないからといって、

それがすなわち「良い理由」に転じるわけではない。

子供が不都合な時に「どうして?どうして?」と聞いてきても、

必ずしも「だめな理由」を明確に示すことができないが、

だからといって、「だめな理由がないこと」がそのまま

「やっていい理由」にはならない。

ただ、双方の価値観はただ「等しくその存在を『許されたもの』」である。

社会的な良し悪しはあれども、その基準は普遍的ではない。

 

今のところ、

「たぶん、お金の使い道に普遍的な良し悪しはない」

(「パズドラ」に課金しまくったおかげで、

若手社員とのコミュニケーションが捗った、という

中年社員の話を飲食店時代に聞いた)

「君の言い分は間違っていない」

「けれども、『いまは』あげる側の自分の気持ちが追いついていないから」

「あげるからには、気持ちよくあげたいから」

「あげるからには、気持ちを込めてあげたいから」

というくらいの理由しか、示すことができないが、

それ以上でも、それ以下でもない。

それは正しくもないし、間違ってもいない。